CONCEPT

「農びす(のびす)」は「農業へのサービスを広く提供する」
「のびのび楽しく農業をやろう」という意味を込めています
農業に革新的な仕組みや情報交換できる環境を提供しています

農びすの目的

・カメラと画像認識にて、蒔いた種がいつどのくらいの量を収穫できるか生産管理
・農家の判断を写真(目)、データ(センサー、気象データ)、AI機械学習(経験、データ分析)を繰り返し活用すること
・画像認識で病気の兆候、侵入者の防犯、効率的な収穫の流れと位置を指示
・不良率、廃棄率0%を目指して、品質管理のためのセンサーデータ収集
・IoTやっても農作物は売れない。収穫時期と品質管理から、良いものをタイムリーにお届けする仕組み作りのお手伝いに農びすクラウドを活用ください

農びすの効果

・生産管理として、作りすぎのムダ、不良を作るムダ、運搬のムダ、設備のムダを明らかにする
・作業動作のムダが社員、パートで発生しないように、誰が行っても同じ手順で自働化
・いつ収穫できるのか、良いものをお届けするため収穫時期の予想
・過去の手書きデータを取り込み、生産管理の指標として過去の作業と比較
・目で見て、触って、ベテランの感覚での作業をわかりやすく見える化

将来への展開

全国の農業サポーターが安心して作業できる環境の整備と情報共有の場を提供していきます。
・地域コミュニティの農作業への参加
・自給自足のため、近所の農家の作業を地域へ発信
・インターン学生、若者の経験の場として、広く農作業の経験の場を提供
・子供が安心して食べられる品質の良い農作物を地域へお届けします