黒色ゴム/樹脂系製品に強み

ゴム製品は素材の特性上、検査の自動化が難しく、人による目視検査で実施です。 目視検査は、人的コスト(人費、教育費)、人的リスク(人 材の確保、離職)、セキュリティリスク(ノウハウ流出)、ビジネスリスク(検査品質のバラツキによる不適合製品の出荷)など多くのリスクを孕んでおり、その解決手段をテクム ズは提供します。

高精度な不具合検出を実現

テクムズは目視検査が難しいとされる黒色ゴム/樹脂系製品 の傷を検出するAI技術を確立しました。

  • 0.1mmまでの不具合検出であれば、検査時間1秒を達成
  • 不具合の種別も判別可能(傷、焼付き、バリ、融合、充填不足など )
  • 必要に応じて、更に小さい不具合検出が可能 (ミクロン~数十ミクロン)
  • ディープラーニングで検査品質向上が可能

目視検査と同等のAI検査品質

ベテラン検査員と同等の検査品質を実現します。

  • 1ヶ月100万個以上の品質検査が可能
     ( 0.1mm検出時:20h/日、21日/月の場合:計算値)
  • 映像により、出荷製品の状態の証跡を残すことが可能

事例・関連情報

【写真1: AIで検出したOリングの傷】
【写真1: AIで検出したOリングの傷】

品質検査AI
お問合せ/概算見積
お問合せ/概算見積