AI顔認証技術「顔パス®」の機能

テクムズが培ってきた顔認証技術「顔パス®」、顔の特徴から様々な情報をAIで認識します。

  • 登録済みの顔データと照合し、本人確認(顔による認証)
  • 年齢、性別、人種、表情(推定)

「顔パス®」はお客様の画像情報をシステムに残しませんので、個人情報の漏洩にはつながりません。この認識機能を使い、お客様の様々なご要求にお答えします。

AI顔認証技術「顔パス®」商標登録取得

顔認証によって何かをする/何かができる、というこの技術で作られた製品やサービスに統一的な名称をつけたいと考えました。
「顔パス®」はテクムズの登録商標です。

AI顔認証技術「顔パス®」の様々な使い方

会員制の施設や店舗、例えば24時間営業のスポーツジム、会員カードに加えて「顔パス®」で入退出できます。カードの不正利用での入場ができなくなりセキュリティが向上し、深夜でも安心して利用ができます。

省人化/無人化店舗のコア技術の1つとしても「顔パス®」は使われます。
「顔パス®」と決済情報を紐づけ、お客様がどの商品を取ったかの情報と価格情報を組み合わせれば、省人化/無人化につながります。

ホテルなどでのレセプション、登録前に『○○さま、いらっしゃいませ』とご挨拶できたらどうでしょう?また、以前の利用履歴を『顔』によって引き出し、サービスのご提案などされたら如何でしょう?
お客様の顔を覚え、お客様の顔から最適なサービスを提供する。ベテラン・ホテルマンしかできなかった満足度の高いサービスが誰でも提供できるようになります。

「顔パス®」は顔のデータから人の属性を推定できるので、ある商品の前にはどんな人が興味を持って立ち止まっているか、などマーケティングデータの収集にも利用できます。

他にも、「顔パス®」の利用方法はいろいろ考えられます。
テクムズはお客様と一緒に「顔パス®」を展開していきます。

商品登録証

「顔パス®」イメージ

「顔パス®」イメージ

AI顔認証技術「顔パス®」事例・関連情報

スーパマーケットトレードショー2019 サンデンRS様ブースに無人店舗の展示協力
スーパマーケットトレードショー2019 サンデンRS様ブースに無人店舗の展示協力